「自分は特別!」とマイノリティを強調する人はイタい!

特別

知人の男性に、やたらとマイノリティを強調する人がいます。
「こんなこと考えているの俺だけだ」とか「理解されなくて当たり前」などと、
「自分は特別」という前提に話をするんです。

特別

そして、やたらと他の人と違う意見を言いたがるんです。
他人の意見を聞いても、

「でも、俺は○○って思うんだよね~」

って必ず否定から入ります。
ちょっと「地獄のミサワ」の臭いがすることもあるのですが(笑)、基本はあそこまで鬱陶しくなく良い人です。

でもあまりにも「自分は特別」感を出してくるので、
最初は厨二病を大人までこじらせた人なのかなって思っていたのですが、そういう感じでもなく、
とにかく「否定」をすることが自分の使命だと思っているくらいに人の意見を否定して、
自分だけの意見を言おうとするんですよね…。
悪い人ではないのですが、さすがにイラッとする時があります。

本当に自分は特別ならカッコいいかもしれませんが、
マイノリティになると大変だから、どっちかっていうと多数派でいたいなって思う私には理解のできないタイプです。

でもその人、「○さんってこういうところが凄いですよね」って褒めると素直に喜びます。
そういう単純なところはかわいいとは言えるのですが…(言えない?)。
今度本人に「なんで必ず否定から入るんですか?」って聞いてみたいです。

共感が得たいならば否定ではなく同意からの台詞を言えば良いし、
凄いねって言われたいなら、

「俺が俺が!」

って言うよりも、黙って相手の意見に耳を傾けた方がカッコイイと思うんですけれどもね。

なんか「相手を言い負かす」のが好きなのかな??

大学生ぐらいまでならいいけど、いい大人のそういう「自分は特別」アピールはイタいですよね…。

自分も無意識にやっていないか、気をつけたいと思いました。