「この人とは一緒にカラオケに行きたくない!」と思われる理由は?

マイク

カラオケの楽しみ方というのは様々なものがあります。
友達同士でワイワイ楽しく歌うのも良いですし、1人カラオケでストレス発散させるのも良いです。

しかし実際、友達とカラオケに行った時に、この人とは二度とカラオケに行きたくないと思われる理由があるようです。
ではその特徴とはどのようなものなのでしょうか?

まずは、マイクをずっとはなさない人です。

マイク

「自分の曲をどんどん入れてずっと歌っている人はいやです」

「誰かが歌っていても勝手に入ってくる人とは、もう一緒にカラオケ行きたくない」

という意見もありました。

やはり皆でカラオケに来ているなら、マイクは平等に持っておきたいもの。
そんな中、1人でずっとマイクを持っているようだと、イラッとするという人が多かったです。

また逆に「全く歌わない人とは一緒にカラオケに行きたくない」というパターンもありました。

「「私は歌いたくない」と言って全然マイクを持たない人も困る」

「ずっとテンションが低く、誰かが歌っていてもスマホばかり見ている人はもう誘いたくない」

という意見もありました。

マイクを持ちすぎるのもよくありませんが、全く歌わないというのもよくありませんよね。
テンションが低かったりすると、周りの空気も悪くなるので、苦手でも少しは歌うように意識しておきましょう。

また他にも、

「マイナーな曲ばかり歌う人とは一緒に行きたくない」

「歌いながら泣き出す人には引いた」

という意見までありました。

カラオケは皆で楽しむ場所ですが、こういった行動が見えてくると、
周りの空気も段々と重たくなってきてしまいがちです。

皆が楽しめるような雰囲気作りを是非心がけていきたいものですね!