クラスの人気者だと思ったら、実は嫌われていた理由とは?

クラスメイト

私が中学生の頃には色々と個性的な人がいました。
中には皆の人気者的な存在の女生徒がいました。
その子はクラスの学級委員で、リーダーシップを発揮していて、いつもクラスの中心的な存在でした。

私も席が近かったりしていたので仲良くしていたのですが、
一緒に遊んだりするほどではありませんでした。

しかしある時、とある友達から聞いた話で、その子は実は周りの人たちから嫌われていたのです!

クラスメイト

あんなに人気者の子なのになんで嫌われているのか本当に疑問でした。
詳しく話を聞いてみると、どうやらその子は自己中なのだそうです。

恐ろしいことに、いつも一緒に行動をしている友達が、
その人気者の陰口を話しているのを見ると、
女の子は怖いなぁ…と自分も女ながら思ってしまいました(笑)。

そもそもクラスの人気者(中心人物)なのに何故嫌われてしまったのか…?

実はそういう人は、

「自分!自分!」

という気持ちで話をしているのだそうです。

とにかく自分の話をしたくて相手の話をあまり聞かないという人が多いようです。
なので段々と周りの人たちも嫌に思ってしまうのだそうです。

やはり人気者の人は、無意識に自分が目立ちたいと思ってしまうのですね。
なのでついつい自分の話をしてしまうのです。

それと、もう一つ嫌われる人の特徴として、イライラしたり、気持ちのアップダウンが激しい人。
女性に多いですよね。

ですが、実は、最近これって、PMSっていう症状のひとつでは?と気づきました。

PMSとは、月経前症候群の別名で、生理前になるとイライラして怒ったり、鬱のようになったり、突然泣いたり。。。
このマジでめんどくさいPMS、情緒不安定だけでなく、腹痛や下痢、胸の張りとかもあるみたい。
女子ならPMSについて知っておいて損はないので、ぜひ、読んでみてください。
もしかしたら、自分もPMSかもしれないと思うところが、いくつか当てはまります。

なので、PMSでイライラ、気持ちのアップダウンは、責めらんないと思いました。

さて、では逆に人気者ではないけれども人から好かれる人の特徴としては、
自分の話というよりは、相手の話をしっかり聞いてあげる人が多いようです。

人の役に立ちたい、人のために何かしてあげたいと思う人は、
無意識に人の話に耳を傾ける傾向にあります。
そして周りの人からは「良い人だな」と思ってもらえるのです。

もし人から好かれる存在になりたいと思うのであれば、
人の話をしっかり聞いて、役に立ちたいという気持ちを持つことが大切です。
やはり誰からも好かれる本当の人気者になりたいものですよね!